ハイブリッド光触媒「GLコート」

ハイブリッド光触媒「GLコート」

ご自宅の室内もしっかりウイルス対策を。

光触媒とは、酸化チタンを触媒として太陽光や蛍光灯などから出る光のエネルギーによって、空気中の水分や酸素から強力な酸化分解力を持つ働きを作り出す作用のことです。

通常の光触媒のみの場合、光、可視光線(蛍光灯やLED等の照明)が当たっていないと成分(酸化チタン)が触媒作用を起こさず効果を発揮しません。

それでは当社のハイブリッド光触媒GLコートは何が違うのか?

それは日本、米国両国で証明された安全性の高いナノシルバーコロイドTSSCを調合しているからですナノシルバーコロイドTSSC混合することにより、光が当たらない暗所でも空気で触媒作用を発揮でき、弱い蛍光灯やLEDのような室内光でも化学反応を起こし屋内での光触媒が効果を発揮できるため、通常の光触媒と比較しても効果の高いハイブリッド光触媒となっております。

この作用を高めるために「アパタイト」を採用。アパタイトは非常に集塵効果の高い性質を持ちます。
この作用と酸化チタンとナノシルバーコロイドTSSCのもつ除菌力を組み合わせることで、周囲に漂う目に見えないウイルスを「集めて不活性化する」ことを実現しています。

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が、経済産業省の要請に応じ、消毒方法の有効性評価を実施し、新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を発表しているが、ハイブリッド光触媒GLコートにも新型コロナに有効とされた界面活性剤が配合されている。

contact_txt
PAGE TOP