SERVICE

私たちは常にモノや資源を⼤切にする暮らしと「豊かさ」の両⽴を考え、そして真に「豊かに住まうこと」とはどういうことなのか、そのビジョンを提供し続けています。大切なマイホームですので当社では無料にて内覧会同行を行っております。

マンション内覧会同行サービス
内覧会同行サービス

インスペクト

マンション内覧会同行サービス 新築内覧会同行サービス 建物検査(インスペクション) いよいよ待ちに待ったマイホームの完成です 新築マンションの内覧会では、 あまり細かいところは見なかった」 「あの時きちんと見ていればよかった」 と入居後に後悔する方が非常に多いのが実態です。 内覧会は、「完成お披露目会」的なセレモニーで終らせるのではなく、 あなたにとって今後のトラブルを防ぐ最後の砦となるのです。 内覧会で何をチェックしたらいいのか分からない 専門家にチェックしてほしい。 自分たちだけでは心細い   内覧会に当社専門スタッフが同行し、検査に立会うサービスです。 一般の方では見つけにくい施工不良箇所や施工精度を経験豊富なスタッフが、 内覧会に立会い・同行し、検査・チェックを行います。

内覧会

新築内覧会時にチェックできるのは、室内の壁,床、建具や設備の施工状況、キズや汚れ等です。 既に建物が完成している内覧会では、基礎や構造・居室に影響を及ぼす躯体部分についてのチェックを行うことはできません。  施工精度、施工不良の有無の確認 設備等の固定・稼動状況の確認   汚れについてはお客様によって判断の個人差もありますので、 ご自身でもチェックしてみてください。

内覧会の詳細はこちら

マンション内覧会同行・立会いサービスの必要性

当社の提供するサービスの必要性は、不動産・建設業界を経験してきた者にとっては充分すぎるほど理解できることでしょう。専門性の強いこの業界では、消費者の無知に乗じた倫理観の低さ、対応の悪さをよく目にします。

その原因の一つには、業界の仕組みがあげられると思います。新築マンションの場合、建設を担当するゼネコン(建設業者)はデベロッパー(売主)と建設工事請負契約を結んでいるので、建築代金をデベロッパーからもらいます。ゼネコンにとって重要なことは、工期(完成期日)を守り、補修工事などの余分な費用を出さないことです。

デベロッパー(売主)にとって重要なことは、いかに完成時までの短い期間で完売し、引渡しを行うかということです。デベロッパーは多くの場合、お客様からいただく残代金で、今までその土地を担保として借り入れていた借入金を返済して抵当権を抹消しなければ引渡しができず、引渡しが出来なければ売上の計上が出来ないので、計画どおり引渡しが出来ないと困るのです。一戸建ての建て売り住宅にも同じことがいえます。

新築マンションの内覧会では、通常ゼネコンの担当者が補修個所チェックの立会いを行います。上記の理由から、ゼネコン担当者は、なるべく補修個所を出さないようにしたいので、購入者が指摘しても「こんなもんですよ」「許容の範囲です」と言って取り合わなかったり、「内覧は30分程度で終らせてください」などと言うのです。

一方、デベロッパーとしては、大掛かりな補修工事などで引渡しが遅れたり、契約解除なんてことにならないように、うまいことを言って切り抜けようとするのです。とくに決算期に引渡しが行われる物件では、まだ完成していないのに内覧会が行われたり、「後で必ず直しますから」と言って、何が何でも引渡しをしようという姿勢がよく見られす。

このような背景のもとに、購入者のみの立場に立った、豊富な知識と経験を持つ第三者機関の存在が必要なのです。欧米ではこのようなプロのコンサルタントを雇うのは既に常識となっています。今後、日本でもこのようなサービスが常識化されて行くことでしょうが、本来はこのような第三者機関の検査などが必要ない業界となるべきなのです。

contact_txt
PAGE TOP