インテリアオプションで人気のフロアコーティングは油性と水性どっちが良いのか?


インテリアオプションで人気のフロアコーティングには大きく分けて水性と油性の2種類があります。フロアコーティングを聞いたことがある人でも油性コーティングとは聞き慣れないと思いますが、実はガラスコーティング・シリコンコーティング・UVコーティングこれらは全て油性コーティングになります。

【水性コーティング一覧】

水性ウレタンコーティング
水性アクリルコーティング

【油性コーティング一覧】

ガラスコーティング
シリコンコーティング
UVコーティング

せっかくの新築物件では水性コーティング、油性コーティングはどちらが良いのか?それは断然水性コーティングより油性コーティングがおすすめと言えます。

油性コーティングが水性コーティングよりおすすめな理由

おすすめする理由1、耐久性が長い

水性と油性の違いはマジックペンをイメージして頂ければよくわかります。ホワイトボードに水性ペンで書いてもスグに落とせますが、油性ペンだと中々落とせませんよね。フロアコーティングもマジックペンと同じで、密着が油性コーティングの方が強くなっています。毎日歩くフローリングは、歩くたびに摩擦が生じます。密着の弱い水性コーティングは、フロアコーティングの上を歩くたびに、摩擦によって塗膜がなくなっていきます。また、水性コーティングは水との相性が良いので、雑巾の水拭きでも塗膜がなくなっていきます。水性コーティングの耐久年数は10年程度のものが多いですが、良く歩く所であれば3~5年程度で塗膜がなくなることもあります。

おすすめする理由2、使える薬剤が多い

上記の耐久年数でもあるように、水性コーティングは水拭きですらNGですが、油性コーティングは水拭きは勿論、アルコール、中性洗剤、シンナー、除光液でも塗膜が溶けることは有りません。しつこい汚れが付いても、アルコールなどを使えば強く擦らず様々な汚れが落とすことができるのです。

おすすめする理由2、油性コーティングも安全

水性コーティングをお勧めしてくる業者は安全性を前面に押してきます。油性コーティングの施工にはシンナー・トルエン・アセトン等の有機溶剤を使用します。これらの有機溶剤は大量に吸い込むと吐き気など具合が悪くなり原因となります。一方水性コーティングにはこれらの有機溶剤を使用しません。但し、これらの有機溶剤は半日~1日程で揮発(通常の温度で液体が気体になること)する為、換気をしっかりすれば室内に揮発性有機物質が残ることは有りません。つまり、施工する施工スタッフはマスクをするなどの対策をしないと安全ではないものですが、お客様が入室できる塗膜の硬化が終わった後に関しては油性コーティングも水性コーティングと同じ安全なコーティングになるのです。

反対に水性コーティングが油性コーティングよりおすすめする点はあるのでしょうか?

水性の為、剥離がしやすい

油性コーティングは密着が強いことは上記でも記しましたが、密着が強いということは剥離しにくいというデメリットもあります。但し、この剥離のしやすさで嬉しいのはお客様ではなく、施工業者になります。年数がたってフロアコーティングの一部に補修が必要になった場合、施工会社は水性コーティングであれば、容易に剥離が出来、簡単に補修が出来ます。剥離が楽だからといって、実際にお客様自身が剥離をすることは無いと言えます。また剥離を行う事により基材となるフローリングの表面に対して、まったくダメージが無いわけではないので水性コーティングを行い何回も剥離したら床の寿命が短く貼り替え時期も早くなってしまうというデメリットもあります。

価格(イニシャルコスト)が安い

水性コーティングの最大のメリットは価格が安いことです。油性コーティングの3分の2程度の価格で施工が出来ます。何故、価格をイニシャルコストと書いたかというと、水性コーティングはコストパフォーマンスにおいてはあまりよくありません。油性コーティングは水性コーティングの1.5倍程の価格になっておりますが、耐久年数が2~3倍程長持ちします。10年耐久で100,000円の水性コーティングと20年耐久で150,000円の油性コーティングでは20年耐久150,000円の油性コーティングの方が1年単位の価格は安くなります。
ここで価格がそんなに違うのと思う方も沢山いると思います。そう思った方は、インテリアオプション販売会とフロアコーティング専門店で相見積もりをとった方が思っている事でしょう?インテリアオプション販売会で販売されているフロアコーティングは水性で価格もそれほど安くありませんよね。それもそのはず、インテリアオプション販売会で売られているフロアコーティングは中間マージンが沢山乗ってしまっているのです。
インテリアオプション販売に関してはこちらのコラムにて詳しく書いてますのでご覧ください。

総評

油性コーティングは水性コーティングよりも、耐久年数が長く、使える薬品が多く、コストパフォーマンスが高くなっています。イニシャルコストはたしかに水性コーティングの方が安くなりますが、30年40年住む家なので、その間に水性コーティングは何回施工が必要になるでしょうか?そういった長期的な視野でみると油性コーティングの方が高品質で低価格になります。

フロアコーティングの一覧はこちら

サンクチュアリでは埼玉県川口市にショールームを設けております。埼玉ショールームでは実際の様々なエコカラットプラス施工やフロアコーティング、ハウスコーティングや窓ガラスフィルム、他多くのインテリアオプションを実際に見てご確認頂けます。エコカラットプラスやフロアコーティングなどのインテリアオプションをご検討中で実際に見てみたいお客様は下記お問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい!

埼玉ショールーム来店はこちら

contact_txt
PAGE TOP